初心者にも使いやすい電子タバコ「C-Tec Duo」のご紹介

メンテナンスフリーで初心者にも使いやすい電子タバコ「C-Tec Duo」

▼C-Tec Duoではじまるクリーンなひととき▼

c-tec

>

>>「C-Tec」の詳しい情報はコチラから<<

 

この2、3年前から少しづつ人気が出てきている電子タバコ。今ではいろいろな種類があり、健康を気にする人が始めるケースが増えています。

 

電子タバコの使用にはメンテナンスを行う必要があり、怠れば危険を伴います。メンテナンス自体はかんたんですが、電子タバコを初めて使う人には面倒な作業です。

 

C-Tec Duoは電子タバコを使う上で必要なメンテナンスをなくしたカートリッジタイプの新しい電子タバコです。電子タバコを使うのに必要な、リキッド注入やアトマイザーの清掃、交換といった作業が一切不要であることが特長で、初心者でも手軽に電子タバコを始められます。

電子タバコには3つの種類がある

電子タバコはリキッド注入タイプ、カートリッジタイプ、加熱タイプの3つがあり、それぞれに特徴があります。

 

VAPEと言えばリキッドタイプ

リキッドタイプはフレーバー(味)が豊富で、コストパフォーマンスに優れているので若い層に人気があります。
VAPEと言われているのがこのタイプで、使用にはメンテナンスとリキッドの注入が必要です。
初心者が扱うのは少し難しく、メンテナンスやリキッドの注入に失敗すると電子タバコ本体が壊れる危険があることも。
低価格なものが多いので始めやすいこともあり人気がありますが、使用頻度が多い場合は予備の本体が必要です。

 

タバコの味が楽しめる加熱式

c-tec

加熱タイプは本物のタバコの葉を加熱するタイプで、燃やさないので煙が出ません
タバコ本来の味を楽しむことが出来るのですが、実質的にタバコと同じなので、健康への影響は通常のタバコと同じ危険が伴います。
また、価格が高いので、電子タバコを始めたい初心者が選択するには少々敷居が高めですが、タバコを楽しみたい人には絶大な人気があります。

 

手軽で取り扱いがかんたんなカートリッジ式

カートリッジタイプは専用のカートリッジを使う電子タバコで、メンテナンスが不要な上リキッド注入も必要がないので、電子タバコの中では手軽さに優れています。
価格も手頃で、健康に配慮した製品も多く、使用に危険を伴わないので電子タバコの初心者におすすめです。
カートリッジ式はデザイン的にも優れるので、女性にも人気があります。

 

C-Tec Duoはこのカートリッジタイプに属する電子タバコで、本体が2,800円程度と手頃な価格です。
リキッドが不要なため、電子タバコ初心者にありがちなリキッドの注入に失敗して本体を壊すということもありません。

 

 

C-Tec DuoのフレーバーはビタミンC配合の7種類

c-tec

C-Tec Duoのフレーバーは全7種あり、どのフレーバーにもビタミンCが配合されています。
抗酸化作用を持つビタミンCを手軽に補給できるので、健康的な電子タバコです。
ニコチンやタールも含んでいないので健康面での危険がなく、それぞれのフレーバーの味と香りを純粋に楽しめます。

 

C-Tec Duoに使われるフレーバーは全て天然の植物由来原料を使用しているので、味に突き刺さるようなものがありません。
自然由来の原料なので、原料そのものが安全で、危険な物質や成分が含まれておらず、味とともに香りも楽しめるので、リラックスしたいときに最適です。
また、ダイエット中などで口さみしい時にも役立ちます。

 

選べるフレーバーは7種類

現在販売されているフレーバーは、定番のメンソールを筆頭に、パイン、オレンジ、フレッシュベリー、マンゴーの5種のフルーツと、電子タバコでは珍しいコーヒー系のエスプレッソ、一にから絶大な人気のあるエナジードリンクの7種です。
万人受けするフルーツ系のフレーバーをメインにしていますが、エスプレッソやエナジードリンクといった変わり種も用意されています。

 

タバコではないので副流煙も0ゼロ

c-tec

C-Tec Duoは電子タバコですが、タバコとは違うものなので副流煙がありません
ニコチンとタールも0なので、吐いた煙も健康を危険にさらすような成分が含まれておらず、周りに迷惑を掛けにくい。
それが電子タバコ「C-Tec Duo」の最大の特徴の1つです。

 

吸う場所は守らなければいけませんが、周りに健康的な危険を及ぼすことは一切なく、子供の前やタバコが嫌いな人の前であっても吸うことができます。

C-Tec Duoのカートリッジ式は1本400回の吸引ができる

c-tec

カートリッジは1本につき、400回の吸引ができます。
購入する場合は5本セットなので、2000回分の吸引ができる計算です。
通常のタバコで一本あたり10回から15回吸えるので、カートリッジ1本につきタバコ2箱分、約20本の吸引ができます。

 

交換用カートリッジは5本セットで2,500円ほどなので、通常のタバコの約半分の価格と、コストパフォーマンスにも優れています。
これは、リキッドタイプの電子タバコとあまり変わらない費用です。
全てのフレーバーにビタミンCを含むので、C-Tec Duoを吸うだけで健康的にビタミンCの補給もできます。

 

吸引の回数は使い方によって多少の増減がありますが、カートリッジ式の中でもC-Tec Duoはコストパフォーマンスが良いので、お財布にも優しくなっています。
また、カートリッジは交換するだけなので、液漏れなどの危険が少ないのもC-Tec Duoの良いところです。

 

スターターセットは2本のカートリッジ付き

C-Tec Duoのスターターセットには、2本のカートリッジがついているので、購入したその日から楽しむことが出来ます。
付いている2本はクリスタルメンソールとエナジードリンクで、どちらも人気のあるフレーバーです。

 

甘いのに健康的なC-Tec Duo

C-Tec Duoのフレーバーは、程よい甘みをもっています。
しかし、糖分を使っているわけではないので、糖尿病を患っている人でも楽しめるものです。
甘さはグリセリンによって調整されているので、健康のために甘いものを控えている人のストレス解消としても役に立ってくれます。

 

充電容量は280mAhm

 

C-Tec Duoは手に入れたら週十分の充電ですぐに使えるため、買ったたすぐに試せます。
充電を最大にする時間は短いのですが、一度最大まで充電をすると約200回の吸引ができるので、タバコに換算すると20本前後になります。
寝る前に充電しておけば、1日分は十分吸える状態になるので、充電ができない場所であってもC-Tec Duoを楽しむ事ができます。

 

充電ができる環境であればC-Tec Duoの充電器は小さいので、オフィスなどでも充電できます。
充電コネクタはUSBですが、コンセントから充電することも可能です。

 

長く吸いたいのなら予備バッテリーがおすすめ

c-tec

電さえしておけばいつでも吸引できるのが電子タバコの良い所です。
C-Tec Duoはバッテリーが長持ちする電子タバコですが、バッテリーが切れると吸うことができなくなるので、予備バッテリーがあると安心です。
280mAhという容量はカートリッジタイプとしては大きいのですが、予備バッテリーがあればバッテリー切れの心配が少なくなります。

 

予備バッテリーを使うとさらに楽しめる

C-Tec Duoは予備バッテリーも手頃な価格で購入できますが、予備バッテリーは交換しなくてもそのまま本体になるので、カートリッジをつけると吸引できます。
予備バッテリーが本体そのものなので、2つのカートリッジを別々に付けて、別のフレーバーを楽しむということもできます。
カートリッジを交換すれば1つの本体でも良いのですが、交換する必要がないので手軽に複数の味を楽しめます

 

▼C-Tec Duoではじまるクリーンなひととき▼

C-Tec

>>「C-Tec」の詳しい情報はコチラから<<

 

電子タバコランキング

>>安全性に配慮した日本製電子タバコ特集はコチラから<<

【安全性に配慮した日本製電子タバコ特集】関連記事

EFOS E1(イーフォス イーワン)

▼独自開発のスティックホルダーを採用!▼>>「EFOS E1(イーフォス イーワン)」の詳しい情報はコチラから<<加熱式電子タバコは2015年ごろから登場した新しいタイピの喫煙具で、タバコの葉を加熱して蒸気を吸引する、日を使わないタバコです。しかし、アイコスは使い勝手が悪く、連続で吸うことが出来ない...

C-Tec

▼C-Tec Duoではじまるクリーンなひととき▼>>>「C-Tec」の詳しい情報はコチラから<<この2、3年前から少しづつ人気が出てきている電子タバコ。今ではいろいろな種類があり、健康を気にする人が始めるケースが増えています。電子タバコの使用にはメンテナンスを行う必要があり、怠れば危険を伴います。...

VPJapan

▼次世代の電子タバコ「VP」の時代が来た!▼>>「VP Japan」の詳しい情報はコチラから<<電子タバコにはいくつかの種類があり、中には初心者では取り扱いが難しいものがあります。電気を使う電子タバコは、通常のタバコと比べれば安全なものですが、初心者が使い方を謝ると危険を伴う事があります。VPJap...

TaEco(タエコ)

▼ツライ禁煙を楽しみに変える人気のアイテム▼>>「TaEco(タエコ)」の詳しい情報はコチラから<<電子タバコはいろいろなメーカーから発売されていますが、爆煙といわれる通常の電子タバコよりも煙が多いタイプの電子タバコを販売しているのがTaEcoです。TaEcoの電子タバコはリキッド式で、3,000円...

JPvapor(ジェイピーベポ)

▼始めるならシンプルでカンタンがいい!▼>>「JPvapor(ジェイピーベポ)」の詳しい情報はコチラから<<ジェイピーベポは電子タバコのメーカーの中でも斗くんいリキッドの種類が多いのが特徴で、フルーツ系からドリンク、スイーツ系と幅広く取り揃えているのが特徴です。ジェイピーベポが取り扱うリキッドは全て...

SMOOTHV!P

▼ニコチンゼロのリラックスアイテムついに登場▼>>「SMOOTHV!P」の詳しい情報はコチラから<<SMOOTHV!Pはシンプルで使いやすい電子タバコで、初心者向けではありますが、電子タバコに慣れている人でも使えるという特長を持っています。SMOOTHV!Pの電子タバコはリキッド式で、初心者には少々...

エミリミニプラス

▼おしゃれなカラーバリエーション☆豊富なリキッド!▼>>「エミリミニプラス」の詳しい情報はコチラから<<電子タバコが日本でも普及し始めたのは2017年。それまではとりあえず電子タバコとしての機能のほうが重視されていたため、見た目が無骨でカラーも白か黒であることはほとんどでした。2017年の後半から電...