ダイエットにうまく活用!ダイエットに期待できる効果を利用しましょう

ダイエットに意外な効果が期待できる電子タバコ

電子タバコ

電子タバコは嗜好品の1種であり、基本的にはカロリーがありません。
味と香りを楽しむのが電子タバコなので、うまく使えばダイエットのお供としての効果も期待できます。

 

電子タバコそのものにはダイエット効果はありませんが、ダイエットでは最大の敵となる「あるもの」を抑えてくれる効果があるので、使い方によってはダイエットの成功率を高めます。

 

電子タバコのダイエットに期待できる効果は、「ストレスの緩和」ですが、電子タバコによって効果の違いが出る事があります。

 

また、ダイエットをする時に期待できる電子タバコの効果は個人差がありますが、最適な電子タバコを選択することで個人差はある程度緩和できます。

 

電子タバコランキング

>>安全性に配慮した日本製電子タバコ特集はコチラから<<

 

電子タバコ×ダイエット=効果アップも夢ではない

ダイエットをする時に一番の敵となるものは、「ストレス」です。
ストレスはダイエットにとってその進行と効果の妨げになるだけではなく、ダイエットの失敗という最悪の結果を招く事もあります。

 

ダイエットのときに受けるストレスにはいくつかの種類があり、空腹感、食べられないこと自体に対する葛藤、体重減少の停滞期に感じる葛藤など、基本的には食に関するストレスがほとんどです

 

食べることは生きることなので、食事を制限されてしまうと生き物はストレスを感じるのは当たり前ですが、これらのストレスを和らげる効果が電子タバコには期待できます。

 

電子タバコのダイエット補助効果

電子タバコ

電子タバコ自体には、ダイエットを促進する効果はありません。
しかし、吸えば味と香りを楽しめるものなので、食欲に負けそうな時に使うと、カロリーも糖質も炭水化物もまったくない味が楽しめます

 

これが電子タバコがダイエットの補助になる理由で、人間は空腹、あるいは食事制限によるストレスを感じても、味を感じることができれば、受けるストレスを大きく減らすことができます
また、電子タバコの種類によってはストレス自体を緩和する成分が含まれる事があるので、精神的な安定効果も期待できます。
薬ではないので精神安定効果が保証されている訳ではありませんが、お腹が空いても、またはこれ以上食べられないとしても電子タバコで楽しめると思うことで、ダイエットによるストレスは大幅に緩和できるものです。

 

電子タバコによって変わるダイエット時の効果

電子タバコ

電子タバコには種類があるため、その効果も電子タバコによって変化します。
基本的にはストレスの緩和という効果になりますが、電子タバコは「タバコに類するもの」と「タバコと名前がついていても実際にはタバコではないもの」があるため、効果に多少の差があります。

 

電子タバコと名がついていればダイエットの補助的効果を期待できますが、普段から喫煙をしているか、していないかによって選択肢が変わります。
電子タバコの選択肢は価格に影響し、喫煙者であれば1万円前後、タバコを吸わないのであれば3,000円程度の費用が必要になります。

 

選択肢の広さはタバコを日常的に吸う人のほうが多いのですが、タバコを吸わない人でもダイエットの補助として電子タバコを使うことは可能です。

ダイエットの補助に最適な電子タバコの選び方

電子タバコには加熱式、リキッド式、カートリッジ式の3種類があります。
どのタイプが良いのかは、ダイエットをしている人によって変わるため、最適なものを選択しないと使えないことがあるので注意が必要です。

 

タバコを吸う人向けの加熱式電子タバコ

加熱式電子タバコは、専用のタバコを喫煙機器を使って吸うタイプです。
IQOU(アイコス)、glo(グロー)、Ploom TECH(プルームテック)などが代表的な加熱式電子タバコですが、互換品や火をつけて吸う普通のタバコを切って使うものもあります。

 

加熱式はタバコに植物由来のグリセリンを添加して、火を付けずとも一定の温度になればニコチンや風味を含んだ水蒸気が出るようにしたもので、通常のタバコと比べると苦味が抑えられています。
タバコの香りを楽しめるのが最大の特徴で、タバコを吸った時の満足感が火を付けるタバコよりも感じられるため、タバコの本数自体が減る事も多くあるものです。

 

ダイエット時には煙草を吸う人であれば加熱式も選択肢に入ります。
タバコの味と香りをより楽しめる事、ニコチンには精神を安定させる効果があることから、ダイエット時のストレスを緩和する効果が期待できます。
ただし、電子タバコといっても加熱式はタバコのはを使うので、健康に対するリスクは火を付けるタバコと同じなので、吸いすぎは要注意です。

 

価格は5,000円程度からで、少々のお金が必要です。
専用タバコはコンビニで購入できますが、間違った物を買うと使えません。

 

 

タバコを吸わないのならリキッド式かカートリッジ式

電子タバコ

電子タバコの中で「VAPE」と言われるタイプがリキッド式、またはカートリッジ式です。
リキッド式は専用のリキッドを電子タバコ本体に注入し、カートリッジ式は専用カートリッジを交換して使います。
リキッド式は少し扱いにくい部分もありますが、フルーツ系をはじめ、スイーツ、ドリンクなどいろいろな味と香りが用意されているので、ダイエット時のストレス緩和には最適です。
カートリッジ式はリキッド式に比べると味の選択肢は少なくなりますが、扱い掛かんたんなので誰でも使うことができます。

 

リキッド式、カートリッジ式の中にはビタミンが添加されていたり、カフェインやリハーブの香り成分などが添加されているものがあるので、ダイエットのときに感じるストレスを和らげてくれる効果を期待できます。

 

また、味を感じることで空腹時のストレスを緩和できます。
甘いものが好きな人にも向いていて、甘い味のするリキッドも多くあります。
カロリーや糖質、炭水化物を気にする必要がないので、糖質制限ダイエットにも向いている電子タバコです。

 

タバコを吸う人にもリキッド式、カートリッジ式は十分選択肢に入ります。
通常のタバコとは違い、コストを大幅に抑える事ができるので経済面でも効果的です。

 

また、タバコはタバコの味と香りですが、リキッド式、カートリッジ式は食物の味と香りを楽しむことができるので、ダイエットのストレス緩和効果をさらに期待できます。。
タバコ風味のリキッドもあるので、タバコの味が欲しいときはリキッドを選ぶ事でニコチンのないタバコ風味を楽しむ事もできます。

 

リキッド式、カートリッジ式は選択に注意

リキッド式やカートリッジ式の電子タバコは、元々は海外発祥なので海外製品が多く販売されています。
電子タバコの本体は海外製でも問題はありませんが、リキッドやカートリッジは選択を誤ると、ストレス緩和効果ではなく健康に悪い影響を及ぼす事があります。

 

電子タバコに使われるリキッドやカートリッジには、植物由来のグリセリンの他に、合成物であるプロピレングリコールが使われています。
海外製の場合は日本と安全基準が違うため、質の悪い原料を使用していることがあり、特に価格の安すぎるリキッドやカートリッジは要注意です

 

また、日本では使用が禁止されている成分や、ニコチンなどの薬品に属する成分が使用されている事もあります。
安全に電子タバコをダイエットに取り入れるのなら、リキッドやカートリッジは国産品か、日本の安全基準、あるいは国際基準を満たしているものを選択してください

 

また、リキッド、カートリッジ共にアレルギーを起こす事があるので、化粧品などでアレルギー反応を起こしたことがある人は注意してください。

 

 

電子タバコランキング

>>安全性に配慮した日本製電子タバコ特集はコチラから<<

【電子タバコの安全性はどうなっているのでしょうか】関連記事

電子タバコ

2018年現在、タバコには4つの税金が課せられています。1つめは国たばこ税で、国に収める税金。2つめは、地方たばこ税。住んでいる自治体に収める税金です。3つめはたばこ特別税で、目的を達成するまで期間限定で課される税金です。4つめは、いまやおなじみの消費税8%。この4つの税金が、たばこには課税されてい...

妊婦

妊娠している人、またはお腹の胎児に悪影響を与えるものはいくつかあり、タバコはその中でも筆頭とも言えるものです。タバコにはニコチンを等の他に、燃やすことで発生する有害物質があり、母体と胎児にとって有害であることが分かっています。火を使わない電子タバコも注意が必要で、種類によっては普通のタバコと同様にリ...

電子タバコ

電子タバコは嗜好品の1種であり、基本的にはカロリーがありません。味と香りを楽しむのが電子タバコなので、うまく使えばダイエットのお供としての効果も期待できます。電子タバコそのものにはダイエット効果はありませんが、ダイエットでは最大の敵となる「あるもの」を抑えてくれる効果があるので、使い方によってはダイ...

電子タバコ

電子タバコは、禁煙や減煙をする人にも便利なものです。「吸う」という動作がタバコを同じなので、禁煙や減煙をしたい人にタバコを吸った時の達成感を感じさせてくれる効果があります。煙も出るので擬似的なタバコとして禁煙や減煙をする人の「タバコが吸えない事によるストレス」を和らげてくれるので、禁煙や減煙の達成が...

電子タバコ

現在の日本の法律では、未成年の喫煙は禁止されています。今後「未成年」とされる年齢の引き下げが検討されるので数年後は状況が変わるかもしれませんが、2018年現在の法律は、喫煙ができるのは20歳以上としています。タバコ自体には法の規制がありますが、電子タバコと呼ばれているものの中には、実際ではタバコでは...