安全性に配慮した日本製電子タバコ特集をランキング形式でご紹介

リキッドが豊富で色々なフレーバーが楽しめるジェイピーベポ

▼始めるならシンプルでカンタンがいい!▼

jp

>>「JPvapor(ジェイピーベポ)」の詳しい情報はコチラから<<

 

 

ジェイピーベポは電子タバコのメーカーの中でも斗くんいリキッドの種類が多いのが特徴で、フルーツ系からドリンクスイーツ系と幅広く取り揃えているのが特徴です。
ジェイピーベポが取り扱うリキッドは全てニコチンが含まれていないので、電子タバコを吸うことで健康に危険を及ぼすことがありません。

 

電子タバコの本体も販売していますが、中価格帯の製品が主力になっています。
初心者にも使いやすく、長く吸えるのが特徴で、セット販売が基本なので1つ購入するとメンテナンスに必要な交換用アトマイザー等も付いてきます。

 

購入後はしばらくの間交換品を購入する必要が無く、お試し用のリキッドも数種類付いているので、初めて電子タバコに触れる人におすすめです。
低価格帯の電子タバコに比べると作りがしっかりしていて壊れにくく、発熱などの危険も少ないので、安全面も十分確保されています。

 

買ったらにすぐに電子タバコを使いたいという人には、ジェイピーベポは最適な選択です。

ジェイピーベポの本体は中価格帯でも交換品が安価

電子タバコ

ジェイピーベポの電子タバコは、4,000円台から購入できます。

低価格帯の電子タバコに比べると2,000円程度高いのですが、交換品が低価格なので維持費が安いという特徴があります。

 

ジェイピーベポの電子タバコはリキッド式と言われるもので、アトマイザーと言われるタンクに専用のリキッドを注入して使います。
アトマイザーに注入されたリキッドはコイルによって熱せられ、香り成分が水蒸気となり吸入口から吸い出されます。

 

このアトマイザーとコイルは消耗品であるため、定期的に交換をする必要があるのですが、ジェイピーベポの交換品は他のメーカーに比べると安価です。

 

コイルで5個1,000円程度、アトマイザーは1800円程度です。
アトマイザーは少し高価に見えますが、使える回数く、洗うことで繰り返し使えるので実質的にはかなり安価な部類にはいります。

 

コストパフォーマンスに優れているメーカー

ある程度の価格帯の電子タバコは、低価格帯にはない機能や、使用時の液漏れなどに対する耐久力も優れているので、電子タバコの取り扱いで生じる危険が少なめです。
特に初心者が電子タバコを取り扱うと、液漏れやリキッドの注入失敗などで発熱によるやけどや感電の危険がありますが、ジェイピーベポの製品であればその心配は少なくなります。

 

全体的にコストパフォーマンスの高い電子タバコを販売しているメーカーなので、長く使い続けたい人におすすめできるメーカーです。

電子タバコのスタンダードとも言えるジェイピーベポ

電子タバコ

ジェイピーベポの電子タバコは、耐久性が高いので長く使うことが出来ます。

低価格モデルの電子タバコは耐久性が劣るという難点がありますが、ジェイピーベポの電子タバコは1つ買えば通常の使用で数年使うことができます。
バッテリーの容量が1600mAhと大きいため、一度充電すると数日間は使うことが可能です。
充電する回数が少なくて済むので、バッテリーの消耗があまり進まず長く使えます。

 

電子タバコの入門用としても、電子タバコに慣れた人にもスタンダードな電子タバコとして使えるのがジェイピーベポの良いところです。
コストパフォーマンスはかなり高いので、安く電子タバコを始めたい人にもおすすめできます。
特に健康のために禁煙を考えている人には、長く使える電子タバコとして重宝します。

 

爆煙モデルもあるジェイピーベポ

ジェイピーベポの電子タバコには、ボックスタイプの爆煙モデルもあります。
価格は8,000円台からですが、爆煙モデルとしては安価なので、濃い味を電子タバコに求める人に向いています。

 

爆煙モデルのバッテリー容量は2600mAhと、他の電子タバコに比べるとかなり大きい容量を持ち、大量の水蒸気を発生させます。
水蒸気の量が多いとその分だけ味も濃くなるので、いつもの電子タバコに飽きてきた人におすすめです。
濃い味は禁煙をしている人にとってもタバコが吸えない事への対処になるので、ストレスのない健康的な禁煙が期待できます。

 

 

バッテリーはソニー製で長持ち

電子タバコ

バッテリーはソニー製なので耐久度も高く、通常モデルと同じように数年間は使用することができ、発熱などの危険も少ないので安全です。

 

爆煙モデルの電子タバコとしても安価なのですが、耐久度が高いのでコストパフォーマンスは抜群です。
また、安全機構やアトマイザーへのリキッド注入のしやすさでも他の製品と比べると扱いやすく、初心者がいきなり爆煙モデルを購入しても十分に扱えます。

 

性能がアップグレードされる事がある

電子タバコの中でも、ジェイピーベポの製品はファームウェアと言うものがあり、不定期で更新されることがあります。
ファームウェアは電子タバコに稼働の仕方を指示しているもので、電子タバコの多くはこのファームウェアによって制御されます。
フェームウェアの不具合はバッテリーの発熱などを起こす原因になるため危険を伴いますが、ジェイピーベポの製品は不具合の心配がありません。

 

ジェイピーベポは不定期でこのファームウェアのアップデートを行っていて、電子タバコの性能が向上することがあり、使用感が変わる場合もあります。
水蒸気が多くなったり、味が良くなったりと使い勝手が良くなるので、購入後も性能が向上していきます。

VG主体のリキッドはいろいろなフレーバーが楽しめるジェイピーベポ

JPvapor

ジェイピーベポが販売しているリキッドはかなりの種類が存在します。

 

フルーツ系からドリンク系スイーツ系とかなり多い種類があり、中にはラムネなど日本独自の飲み物や、プリンフレーバーも用意されています。
コーヒーやバニラ、キャラメルのような甘みと香りを楽しめるリキッドも多いので、若い人から年配の人まで、幅広い年代が楽しめるフレーバーが揃っています。

 

ジェイピーベポのリキッドは一本あたり980円からと低価格ですが、VG主体のリキッドでPGをあまり使っていません。
そのため身体に優しく、健康面に影響が出る危険もなく、電子タバコを思う存分楽しむ事ができます。

 

また、オーガニック原料のみを使用したリキッドも販売していて、味にこだわりを持つ人に人気です。
安全性という面でもオーガニックリキッドは優れています。

 

 

大容量リキッドならさらに経済的

 

ジェイピーベポのリキッドは、大容量タイプもあります。
通常は10mlか15mlなのですが、30mlから60mlのサイズもあり、コストパフォーマンスに優れています。
最大容量の60mlは約半額にまで価格が落ちるので、気に入ったフレーバーが見つかれば、大容量タイプを購入すると割安です。

 

10mlの5本セットも割安なので、いろいろなフレーバーを楽しみたいのなら5本セットがおすすめです。
5本セットはブレンドして楽しむ事もできるので、オリジナルのフレーバーを作る楽しみもできます。

ジェイピーベポのリキッドは安全性も確保されている

ジェイピーベポのリキッドは、全て日本の安全基準を満たした原料が使われています。

 

出どころの分からないリキッドは有害物質や、日本では承認されていない成分が配合されている危険がありますが、ジェイピーベポのリキッドはその心配がありません。

 

安全性、価格、健康への危険のなさ、耐久性能のどれをとっても、ジェイピーベポの電子タバコやリキッドは優れています。

 

初めて電子タバコを始める人や、買い替えを考えている人など、電子タバコを好む人にとって、ジェイピーベポは良い選択肢となるメーカーです。

 

▼始めるならシンプルでカンタンがいい!▼

JPvapor(ジェイピーベポ)

>>「JPvapor(ジェイピーベポ)」の詳しい情報はコチラから<<

 

電子タバコランキング

>>安全性に配慮した日本製電子タバコ特集はコチラから<<

【安全性に配慮した日本製電子タバコ特集】関連記事

EFOS E1(イーフォス イーワン)

▼独自開発のスティックホルダーを採用!▼>>「EFOS E1(イーフォス イーワン)」の詳しい情報はコチラから<<加熱式電子タバコは2015年ごろから登場した新しいタイピの喫煙具で、タバコの葉を加熱して蒸気を吸引する、日を使わないタバコです。しかし、アイコスは使い勝手が悪く、連続で吸うことが出来ない...

C-Tec

▼C-Tec Duoではじまるクリーンなひととき▼>>>「C-Tec」の詳しい情報はコチラから<<この2、3年前から少しづつ人気が出てきている電子タバコ。今ではいろいろな種類があり、健康を気にする人が始めるケースが増えています。電子タバコの使用にはメンテナンスを行う必要があり、怠れば危険を伴います。...

VPJapan

▼次世代の電子タバコ「VP」の時代が来た!▼>>「VP Japan」の詳しい情報はコチラから<<電子タバコにはいくつかの種類があり、中には初心者では取り扱いが難しいものがあります。電気を使う電子タバコは、通常のタバコと比べれば安全なものですが、初心者が使い方を謝ると危険を伴う事があります。VPJap...

TaEco(タエコ)

▼ツライ禁煙を楽しみに変える人気のアイテム▼>>「TaEco(タエコ)」の詳しい情報はコチラから<<電子タバコはいろいろなメーカーから発売されていますが、爆煙といわれる通常の電子タバコよりも煙が多いタイプの電子タバコを販売しているのがTaEcoです。TaEcoの電子タバコはリキッド式で、3,000円...

JPvapor(ジェイピーベポ)

▼始めるならシンプルでカンタンがいい!▼>>「JPvapor(ジェイピーベポ)」の詳しい情報はコチラから<<ジェイピーベポは電子タバコのメーカーの中でも斗くんいリキッドの種類が多いのが特徴で、フルーツ系からドリンク、スイーツ系と幅広く取り揃えているのが特徴です。ジェイピーベポが取り扱うリキッドは全て...

SMOOTHV!P

▼ニコチンゼロのリラックスアイテムついに登場▼>>「SMOOTHV!P」の詳しい情報はコチラから<<SMOOTHV!Pはシンプルで使いやすい電子タバコで、初心者向けではありますが、電子タバコに慣れている人でも使えるという特長を持っています。SMOOTHV!Pの電子タバコはリキッド式で、初心者には少々...

エミリミニプラス

▼おしゃれなカラーバリエーション☆豊富なリキッド!▼>>「エミリミニプラス」の詳しい情報はコチラから<<電子タバコが日本でも普及し始めたのは2017年。それまではとりあえず電子タバコとしての機能のほうが重視されていたため、見た目が無骨でカラーも白か黒であることはほとんどでした。2017年の後半から電...