電子タバコは、禁煙や減煙をする人にも便利!達成感を味わうことができます。

電子タバコで達成する禁煙と減煙のやり方

電子タバコ

電子タバコは、禁煙減煙をする人にも便利なものです。
吸う」という動作がタバコを同じなので、禁煙や減煙をしたい人にタバコを吸った時の達成感を感じさせてくれる効果があります。
煙も出るので擬似的なタバコとして禁煙や減煙をする人の「タバコが吸えない事によるストレス」を和らげてくれるので、禁煙や減煙の達成がしやすくなります。

 

電子タバコは他の禁煙方法や減煙方法と組み合わせることもできるので、一般的に難しいとされる禁煙や減煙を効率よく、難易度を下げて行なえる事が期待できます。

 

禁煙、減煙に使えるものの中でも安価でなので、お財布に優しいのも魅力です。

 

電子タバコを使った禁煙と減煙は難しくない

電子タバコ

禁煙や減煙は、喫煙者にとっては難しいものです。
タバコを吸う人が禁煙や減煙を実行しても失敗しやすいのは、主にニコチンによるものです。
ニコチンは脳内の快楽物質に似た働きをするため、身体に吸収することで一時的なリラックスに近い快楽を得ます。
しかし、ニコチン自体に中毒性があるため、繰り返しニコチンを体内に入れてしまうと、体がよりニコチンを求めてしまいます。タバコを日常的に吸っているということは、ニコチン中毒であることを意味します。

 

個人差はありますが、ニコチンは一定期間体内に取り入れなければ中毒状態は緩和されていくので、タバコの代わりになるものや、ニコチンの量を少しづつ減らしていく方法が禁煙や減煙では行われます。
禁煙や減煙を行なう時には、偽のタバコを擬似的に吸うという方法も行われる事がありますが、のこ「偽のタバコ」として電子タバコを使うと、禁煙や減煙の難易度を下げる事ができます

 

電子タバコランキング

>>安全性に配慮した日本製電子タバコ特集はコチラから<<

電子タバコはニコチンのないタバコになる

電子タバコ

電子タバコは、ニコチンのないタバコとして使えます。
禁煙や減煙に使う電子タバコは「リキッド式」または「カートリッジ式」と言われるものです。リキッド式やカートリッジ式は「VAPE」とも言われ、水蒸気を煙として吸い込みます。

 

リキッドやカートリッジには味や香りが付けられているので、吸い込むと味と香りを楽しめるのが特徴です。
リキッド式やカートリッジ式の電子タバコは安価なものだと1,000円台から購入できるほか、専用のリキッドやカートリッジも安価であるため、禁煙、減煙に使えるものとしてはさほど費用がかかりません

 

味や香りの選択肢も多く、フルーツ系からスイーツ、ドリンクなど豊富にあり、その時の気分によって変えることもできるため、禁煙や減煙のときに感じるストレスを緩和してくれます。

 

電子タバコは煙を吸えるのでタバコを吸った気になる

電子タバコが記念や減煙に使える最大の理由は、煙が出る事です。
火を付けた時にでる煙ではありませんが、水蒸気が煙の様に出てくるので吸い込むことでタバコの煙を吸ったような擬似的な感覚を感じることができます。
禁煙や減煙ではこの擬似的な感覚が重要で、それが電子タバコだと分かっていても、煙を吸うという行為自体がタバコを吸っているような感覚を持つので、体はある程度の満足感を得られます。

 

タバコを吸った時に得られる満足感を得ることは、禁煙や減煙にとって重要な要素です。
ニコチンを含んでいないとしても、電子タバコの煙はタバコを吸うという行動と、結果を再現してくれるので、タバコが吸えないというストレスを緩和します。

 

電子タバコはタバコを吸った時の感覚を体に体験させるという事ができるので、禁煙や減煙をするときの有効なタバコの代替方法として使うことが出来ます

タバコの味を再現できる電子タバコ

電子タバコ

電子タバコ用のリキッドやカートリッジには、タバコの味を再現したものがあります。
多くは海外製のタバコの味に似せたものですが、国内製のタバコの味に似せたものもあるので、電子タバコをニコチンのないタバコとして使うことができるようになっています。

 

味は火をつけて吸うタバコに比べると苦味がなく、タバコ本来の味と香りに近いのですこし違和感があるかもしれませんが、慣れてくると火を使うタバコよりも味が楽しめます。
価格は一般的なリキッドやカートリッジと同じで、1本でタバコ5個程度に相当するので、本物のタバコに比べるとはるかに経済的です。
また、ミント系の味と組み合わせる事でメンソールにすることも可能で、組み合わせによってはオリジナルのタバコ味を楽しむ事もできます。

 

リキッド式の電子タバコなら、組み合わせができる

電子タバコ

リキッド式の電子タバコは、自分で電子タバコに専用の液体であるリキッドを注入します。
自分で注入するので、注入前に他のリキッドと混ぜる事で、オリジナルの味を作ることもできます。
禁煙や減煙をする時に電子タバコは役に立ちますが、味の変化が欲しいときや、市販のリキッドでは飽きた時に自分でオリジナルの味を作れば、電子タバコでの禁煙や減煙の成功率も上ります。

 

タバコ味のリキッドを組み合わせて、オリジナルのタバコ味を作る事もできるので、電子タバコでしか味わえないタバコを作る事もできます。
いろいろな味と香りを楽しめるのが電子タバコの利点なので、これを利用して禁煙や減煙を目指す人が工夫しやすいのも電子タバコの良いところです

 

 

ニコチン入りの電子タバコもある

電子タバコのリキッドやカートリッジは、ニコチンを含んでいません。
しかし、海外製のリキッド等にはニコチンを含むものもあり、これを利用した禁煙や減煙の方法もありますが、少々難易度が上がります。

 

海外製のニコチンを含むリキッドやカートリッジは通常の方法では購入することができず、個人輸入でのみ入手可能です。
個人輸入以外でニコチン入りのリキッド等が購入できないのは、日本ではニコチンが薬品として扱われているためです。そのため、個人輸入に対応する通販業者を通じて購入する必要があります。

 

ニコチン入りのリキッドやカートリッジを使った禁煙や減煙は、少しずつニコチンの濃度を下げるという方法です。
これはガムやパッチなどを使った禁煙や減煙と同じ方法で、少しづつ体からニコチンを遠ざけて、ニコチン中毒を緩和していきます。
やり方としては禁煙外来などの医療機関でも行われている方法とにていますが、ニコチンを個人で取り扱うにはリスクがあるので、十分な知識がないとおすすめできない方法でもあります。

 

電子タバコにも禁煙や減煙に使えないものがある

電子タバコ

電子タバコの中には、禁煙や減煙に使えないものがあります。
加熱式電子タバコと言われるもので、主にコンビニエンスストアで販売されているものです。
現在、販売されているものははIQOS(アイコス)、glo(グロー)、ploom TECH(プルームテック)の3種類ですが、海外製品のなかにはヴェポライザーと言われる普通の火を付けて吸うタバコを使う加熱式電子タバコもあります。

 

これらは専用のリキッドやカートリッジを使い、水蒸気を吸う「VAPE」といわれる電子タバコとは違い、本物のタバコの葉を加熱するので、ニコチンタールも含みます。

 

火を付けるタバコよりもニコチンの量は少なめですが、禁煙や減煙の効果を求めて使っても意味がありません。
加熱式はタバコそのものなので、禁煙や分煙という意味では意味を持たないのです。
しかし、個人差はありますがタバコの本数が減る人が多いので、減煙目的であれば加熱式も選択肢になります。

 

禁煙や減煙は最終的にはある程度の精神力が必要ですが、電子タバコは禁煙や減煙で起こるストレスを減らしてくれるので、禁煙、減煙を目標とするのならうまく活用してみてください。

 

電子タバコランキング

>>安全性に配慮した日本製電子タバコ特集はコチラから<<

【電子タバコの安全性はどうなっているのでしょうか】関連記事

電子タバコ

2018年現在、タバコには4つの税金が課せられています。1つめは国たばこ税で、国に収める税金。2つめは、地方たばこ税。住んでいる自治体に収める税金です。3つめはたばこ特別税で、目的を達成するまで期間限定で課される税金です。4つめは、いまやおなじみの消費税8%。この4つの税金が、たばこには課税されてい...

妊婦

妊娠している人、またはお腹の胎児に悪影響を与えるものはいくつかあり、タバコはその中でも筆頭とも言えるものです。タバコにはニコチンを等の他に、燃やすことで発生する有害物質があり、母体と胎児にとって有害であることが分かっています。火を使わない電子タバコも注意が必要で、種類によっては普通のタバコと同様にリ...

電子タバコ

電子タバコは嗜好品の1種であり、基本的にはカロリーがありません。味と香りを楽しむのが電子タバコなので、うまく使えばダイエットのお供としての効果も期待できます。電子タバコそのものにはダイエット効果はありませんが、ダイエットでは最大の敵となる「あるもの」を抑えてくれる効果があるので、使い方によってはダイ...

電子タバコ

電子タバコは、禁煙や減煙をする人にも便利なものです。「吸う」という動作がタバコを同じなので、禁煙や減煙をしたい人にタバコを吸った時の達成感を感じさせてくれる効果があります。煙も出るので擬似的なタバコとして禁煙や減煙をする人の「タバコが吸えない事によるストレス」を和らげてくれるので、禁煙や減煙の達成が...

電子タバコ

現在の日本の法律では、未成年の喫煙は禁止されています。今後「未成年」とされる年齢の引き下げが検討されるので数年後は状況が変わるかもしれませんが、2018年現在の法律は、喫煙ができるのは20歳以上としています。タバコ自体には法の規制がありますが、電子タバコと呼ばれているものの中には、実際ではタバコでは...