電子タバコの安全性を検証!電子タバコの種類と安全に利用するためには

電子タバコでも要注意!電子タバコの臭いとマナー

電子タバコ

電子タバコは、味と香りの付いた水蒸気を吸引して楽しむものと、タバコを加熱して楽しむものの2種類があります。
どちらも電子タバコと言われてはいますが、明確に「タバコの1種」であるものと、「タバコではないもの」に分かれていて、どちらを使うにしても臭いはあります。

 

しかし、火を使うタバコに比べると臭いは少ないため、あまり気にする必要はありません。
しかし、臭さがまったくないという訳ではないため、基本的なマナーは守って使わないと、電子タバコといえども臭いで周りに不快な思いをさせる事があります。

電子タバコの臭いは服につきにくい

電子タバコ

電子タバコの臭いは、火を付けるタバコに比べると服などに染み付きにくいため、臭いがつくことをあまり気にする必要がありません。

 

電子タバコは火を必要としないため、煙の質が全く違うというのが大きな理由ですが、電子タバコの種類によってはタバコ独特の臭いがあるので、喫煙マナーを守り使う必要があります。

 

特に人がいる所での電子タバコの使用は、火を使うタバコほどではないにしても臭いがあるのは確かなので、必ず周りへの配慮を必要とします。
臭いが少ない電子タバコだからこそ、喫煙マナーを守ることで周りへの臭いによる影響をなくせます。

 

マナーを守らずに使うことは、電子タバコの特徴である臭いの少なさを無駄にしてしまうものです。

電子タバコの臭いはどのくらい?

電子タバコも火を付けて吸うタバコと同じように臭いがありますが、使っている電子タバコによって臭いは全く違うものになります。

 

現在販売されている電子タバコは、加熱式と言われるタバコに火を付けずに温めて吸うものと、VAPEと言われる専用リキッドを使い、これを加熱して水蒸気を吸うものがあります。

 

電子タバコランキング

>>安全性に配慮した日本製電子タバコ特集はコチラから<<

加熱式電子タバコは息に注意

電子タバコ

加熱式はタバコの葉を加工したものを使うので、タバコそのものの臭いが出ます。
ただ、火を使うタバコに比べると副流煙があまり出ないので、タバコ特有の臭いは少なめです。
また、煙があまり出ないので、服や髪にタバコの臭いが染み付くことも少なく、周囲への臭いによる影響はとても小さいものになっています。
加熱式電子タバコから出る臭いの強さは、タバコを吸わない人がそばにいてもさほど気にならない程度です。

 

煙を吸い込むというよりは水蒸気を吸って楽しむタバコですが、吸い込んだタバコの水蒸気は臭いがあります。
煙は出ませんが、息を吐く時に人が居る方を向いているとタバコの臭いが他人にかかってしまうので注意が必要です。

海外製の互換、またはは製品には注意

海外製の加熱式電子タバコの互換品、またはヴェポライザーと言われる通常のタバコを加熱するタイプの電子タバコは、周囲にタバコの臭いを感じさせる程度の臭いがあります。
煙は少ないのですが、コンビニ等で販売されているIQOS等の専用のタバコを使う加熱式電子タバコに比べると、タバコの臭いは強めなので、ヴェポライザーを使う時も喫煙マナーの遵守は必要です。

臭いがしにくいVAPEでも油断は禁物

電子タバコ

VAPEは専用のリキッドと言われる液体を電子タバコの本体に注入して使うもので、このタイプの電子タバコから出てくる煙は、燃えることで出てくる煙ではなく全て水蒸気です。
そのため、見た目や煙の動きが通常のタバコに比べるとゆったりしています。

 

VAPEの場合は水蒸気に含まれる香料等が臭いの原因になります。
ただし、水蒸気中に臭いの成分が閉じ込められるような形になるので、強い臭いはしません。
VAPEで使われる専用のリキッドの主流はフルーツ系なので、臭いがしたとしてもタバコのような不快な臭いではないため、臭い自体はあまり気にする必要が無いものです。

 

しかし、水蒸気が服に付くとしばらく臭いがするので、喫煙マナーは守って使う必要があります。
万が一服や髪にVAPEの煙が触れても短期間で臭いは消えますが、リキッドの種類によっては香料が変質して悪臭になる場合もあるので、人に向かって煙を吐くのは厳禁です。
普通のタバコであっても煙を人に向かって吐くのはマナー違反なので、喫煙マナーを守っていれば問題になることはありません。

電子タバコといえど過信は禁物

電子タバコは、加熱式であってもVAPEであっても、臭いは控えめです。
しかし、電子タバコだから大丈夫と過信してしまうと、周りに迷惑をかけたり、トラブルの原因になる場合もあります。

 

電子タバコから出る臭いはタバコそのもの、あるいはフルーツ等の臭いです。
使用する電子タバコによってどの臭いが出るかがほぼきまっているのが特徴で、場合によっては火を付けて吸うタバコよりも臭いが強くなったり、臭いが取れにくくなることがあります。
電子タバコであっても全く臭いがないとは言えないので、電子タバコだから大丈夫だと思わないほうが懸命です。

 

「タバコ」と名がついている以上、喫煙マナーを守って使うのが前提です。

電子タバコの口臭は少し独特

電子タバコ

タバコには付き物の口臭は、電子タバコにもあります。

 

しかし、電子タバコを使った事で発生する口臭は、通常の火を付けるタバコに比べるととても小さいものです。
また、加熱式かVAPEかで口臭の質も全く変わってきます

 

加熱式電子タバコの口臭

加熱式電子タバコの場合は、タバコそのものなので口臭も通常のタバコを吸った時と同じです。
通常のタバコに比べると煙がない分、タバコ特有の口臭も控えめになりますが、それでもしっかりと臭いがあります
ただ、口臭ケアをするとすぐに落ちてしまうので、通常のタバコよりは臭いのコントロールがしやすくなっています。

 

VAPEの口臭

電子タバコ

VAPEの場合は加熱式とは違い、使用したリキッドの味で口臭が決まります。

 

リキッドの種類はミントやフルーツ、ドリンク、コーヒー、スイーツ、たばこの味に似せたものがありますが、たばこ味のリキッド以外であれば口臭はほぼ気にする必要がありません。

 

VAPEから出てくる水蒸気は香料が含まれているので、口の中に入ればガムをかんだ時と同じように息にもリキッドの香りが移ります。
そのため、通常であればVAPEを吸ったあとに口臭を気にする必要はありません。
VAPEはリキッドをフルーツ系にすると、簡易的な口臭対策にも使えます。

電子タバコを使うなら、喫煙者としての自覚が必要

電子タバコ

電子タバコを使うときは、喫煙者としての自覚を持つことが求められます。

 

加熱式電子タバコの場合は、タバコそのものなので既存の喫煙ルールを守るのが当然となっています。
しかし、電子タバコはまだ出回って3年程度しか立っていないため、電子タバコというものに対してのマナーがまだ確立していない部分もあります。
特にVAPEは電子タバコとはいいますが、ニコチンもタールも含まず、タバコの葉も使っていないので、タバコではないのですが、煙が出るために「喫煙」として考えるのが一般的です。
本来、喫煙は火を付けて行なうものなので、加熱して水蒸気を吸うVAPEは喫煙とは言えないのですが、煙が出てしまうことで、「喫煙」として扱われることが多くなっています。

 

特に商業施設においてはVAPEの店内使用を禁止していたり、喫煙所、喫煙席以外での使用を禁止している所もあります。
また、自治体によってはVAPEを路上で使用すると歩きタバコと同じ扱いをする所もあるため、VAPEでも喫煙マナーを守らないと、周囲への迷惑になると考えておいたほうが賢明です。

 

今後、電子タバコが普及した場合にはマナーにも変化があるかもしれません。
しかし、現状では電子タバコを使うのなら、種類を問わずに喫煙マナーを守る必要があると考えてください。

【電子タバコの安全性はどうなっているのでしょうか】記事一覧

電子タバコ

2018年現在、タバコには4つの税金が課せられています。1つめは国たばこ税で、国に収める税金。2つめは、地方たばこ税。住んでいる自治体に収める税金です。3つめはたばこ特別税で、目的を達成するまで期間限定で課される税金です。4つめは、いまやおなじみの消費税8%。この4つの税金が、たばこには課税されてい...

妊婦

妊娠している人、またはお腹の胎児に悪影響を与えるものはいくつかあり、タバコはその中でも筆頭とも言えるものです。タバコにはニコチンを等の他に、燃やすことで発生する有害物質があり、母体と胎児にとって有害であることが分かっています。火を使わない電子タバコも注意が必要で、種類によっては普通のタバコと同様にリ...

電子タバコ

電子タバコは嗜好品の1種であり、基本的にはカロリーがありません。味と香りを楽しむのが電子タバコなので、うまく使えばダイエットのお供としての効果も期待できます。電子タバコそのものにはダイエット効果はありませんが、ダイエットでは最大の敵となる「あるもの」を抑えてくれる効果があるので、使い方によってはダイ...

電子タバコ

電子タバコは、禁煙や減煙をする人にも便利なものです。「吸う」という動作がタバコを同じなので、禁煙や減煙をしたい人にタバコを吸った時の達成感を感じさせてくれる効果があります。煙も出るので擬似的なタバコとして禁煙や減煙をする人の「タバコが吸えない事によるストレス」を和らげてくれるので、禁煙や減煙の達成が...

電子タバコ

現在の日本の法律では、未成年の喫煙は禁止されています。今後「未成年」とされる年齢の引き下げが検討されるので数年後は状況が変わるかもしれませんが、2018年現在の法律は、喫煙ができるのは20歳以上としています。タバコ自体には法の規制がありますが、電子タバコと呼ばれているものの中には、実際ではタバコでは...