安全性に配慮した日本製電子タバコ特集をランキング形式でご紹介

初心者から上級者、爆煙好きも満足できる電子タバコ「TaEco」

▼ツライ禁煙を楽しみに変える人気のアイテム▼

taeco

>>「TaEco(タエコ)」の詳しい情報はコチラから<<

 

 

電子タバコはいろいろなメーカーから発売されていますが、爆煙といわれる通常の電子タバコよりも煙が多いタイプの電子タバコを販売しているのがTaEcoです。

 

TaEcoの電子タバコはリキッド式で、3,000円台の低価格帯から1万円を超えるハイエンドモデルまで揃っています。
中でも目立つのが、通常の電子タバコよりもはるかに多い煙が出せるタイプで、爆煙が好きな人におすすめできるモデルです。

 

リキッド式ですがTaEcoの電子タバコは取り扱いが簡単で、メンテナンスも手間がかかりません。
TaEcoのリキッドはすべてニコチンフリーなので、健康面にも優れています。
初心者でもかんたんにメンテナンスを行えるため、電子タバコで起きやすい危険がないので、電子タバコを始めてみたい人にも向いています。

 

 

 

見た目にもこだわっているTaEcoの電子タバコ

TaEco

TaEcoの電子タバコは、見た目にもこだわっています。

 

電子タバコはバッテリーやアトマイザーの形状にある程度の大きさを持たせていますが、TaEcoは一回り小さめの電子タバコを取り扱っています。

 

電子タバコの中でも最小クラスのモデルは、スリムで見た目も映えるので女性でも使いやすい製品です。

 

TaEcoの電子タバコはどれを選んでも形状がおしゃれなので、電子タバコにありがちな無骨な見た目ではなく、どこで使っても違和感がありません。
デザイン性が優れている電子タバコなので、年齢、性別を問わず使いやすいのがTaEcoの良いところです。

 

TaEcoにはキセル型の電子タバコもある

電子タバコの形状はスティック型かBOX型がスタンダードな形状で、色々なメーカーから同じ様な形状の電子タバコが販売されています。

 

電子タバコは構造が単純なため、見た目もお暗示用になってしまうのは仕方がない事ですが、TaEcoにはキセル型の電子タバコがあります。

 

キセルは感じで書くと「煙管」といい、江戸時代から広まった喫煙道具です。
現在でもキセル用のタバコは販売されていますが、TaEcoにはこのキセルの形状を模した電子タバコがあります。
見た目が映画に出てくるようなパイプそのもので、かなり目立つものですが、電子タバコにこだわりを持つ人からの人気があります。

 

形は独特ですが、使いやすさは通常の電子タバコと同じなので、初心者でも取り扱えるのが良いところです。

 

リキッドの注入がしやすく、またコンパクトなので持ち運びにも便利なので外出が多い人にも向いています。

TaEcoの爆煙モデルは大量の煙が出る

電子タバコ

TaEcoが販売している電子タバコには、煙の量が多い爆煙モデルがあります。

爆煙モデルは色々なメーカーから販売されていますが、TaEcoの電子タバコは煙の量がかなり多く、濃い味を求める電子タバコユーザーに人気です。

 

一度に大量の水蒸気が出て来るので、味の濃さだけではなく吸った時の感触まで楽しめます
水蒸気の量が多くても危険な事はなく、もともとリキッドにニコチンが含まれていないので健康面にも影響を及ぼしません。

 

煙が多いので人前で使う時は少々の気遣いが必要になる事もありますが、普通の電子タバコに飽きた人でも満足できます。

 

価格も安く、爆煙モデルの電子タバコとしては一万円以下という低価格です。
爆煙モデルは英キッドの注入量が多いので、液漏れを起こす事がありますが、TaEcoの製品は液漏れの危険が少なく安全です。

TaEcoには軽量で使いやすい小型電子タバコもある

電子タバコ

TaEcoは初心者向けの電子タバコに、2本セットで50g程度の重さしかない小型で軽量なモデルがあります、

 

価格が4,000円以下という低価格ですが、2本組で大きさは通常のタバコより一回り大きい程度なので、持ち運びがしやすくなっています。

 

2本組なのでリキッドの使い分けができる他、小型でケース収納時に充電ができるので、会社でもパソコンにつなげて充電することができます。
ケースが充電器の役割を持つので、使ったあとに必ずケースに収納しておけば電子タバコの本体が紛失する危険がありません。

 

このモデルはリキッドが2本付いていますが、フレーバーが選べるので初心者が電子タバコのスターターとして選択しやすいのが特徴です。

 

TaEcoのリキッドは種類が多く低価格

電子タバコ

TaEcoが販売知る専用のリキッドは、一本あたり980円と低価格です。

セットで購入すると更に価格が安くなるので、電子タバコをより経済的に使う事ができます。

 

TaEcoのリキッドはタバコの様に健康面に危険を及ぼす様な成分が含まれていないので、どんなに使っても安全です。

 

また、定期的にセールを行っていることがあり、アウトレット品が安価で購入できる事あがります。
アウトレット品はラベルの不備などはありますが、リキッド自体に危険な成分が含まれているということはなく、通常のリキッドと同じように使えます。

 

実は日本でいち早く電子タバコを販売していたメーカー

 

TaEcoというメーカーはあまり知名度がないかもしれませんが、実は日本に電子タバコを持ち込んだメーカーです。
もともとはヨーロッパで普及し始めた電子タバコを、日本向けに改良して販売していたという実績があります。

 

日本の電子タバコの始祖とも言えるメーカーなので、電子タバコの本体もリキッドも、日本人に合わせた作りになっています。

 

フレーバーの種類は5種類

電子タバコ

TaEcoが販売するフレーバーの種類は5種類で、全てフルーツ系とハーブ系のシンプルなものばかりです。

どれも電子タバコのフレーバーとしては定番ですが、フルーツ系が好きな人にとっては申し分ない品揃えになっています。

 

種類はミント、ナチュラル、オレンジ、ジューシーフルーツミックス、グレープフルーツでで、柑橘系が中心となっています。

 

ただ、ナチュラルだけは電子タバコとしては定番ですが製造メーカーがある程度限定されるタバコ風味になっています。
純粋にタバコの風味だけを楽しみたい人向けのフレーバーですが、他のフレーバーとの相性が良いので、ミックスするという使い方もできます。

 

ナチュラルとミントでメンソールタバコ、オレンジやグレープフルーツで柑橘系の香りがするタバコ味を楽しめるので、自分でお気にいりの味を作る楽しみもあります。

リキッド式が苦手ならカートリッジ式の電子タバコもあるTaEco

電子タバコ

TaEcoはリキッド式の他に、カートリッジ式の電子タバコも販売しています。

 

カートリッジ式はリキッドの注入が不要なので初心者でも扱いやすく、液漏れを起こしにくいため壊れる危険も少なく安全です。

 

カートリッジにはニコチンやタールを含んでいないので、健康を害する事もなく、副流煙も起きないので、電子タバコの特長を損なう事なく手軽に使えます。

 

また、他のメーカーと比べてカートリッジの価格が安いので経済的です。カートリッジ式は交換するだけで使えるので、高齢者でもかんたんに扱えます。
いろいろな人が簡単に使えるのがカートリッジ式なので、初心者にも向いている電子タバコです。

初心者や濃い味を好む人なら、TaEcoは満足できる

TaEcoの電子タバコは初心者や濃い味を求める人に向けた製品があるので、初めて電子タバコを使う人や、とにかく濃い味を求める人に適しているメーカーです。
濃い味を求めるのなら爆煙モデル、初めて電子タバコを使うのならカートリッジ式や低価格モデルがおすすです。
また、TaEcoのリキッドは好みのフレーバーを混ぜて使いやすいので、自分好みの味を作りたい人にも適しています。

 

電子タバコのメーカーとしてもジッs系があるので、どれを選んでよいかわからない時はTaEcoを選択しておけば、長く電子タバコを楽しむことができます。

 

▼ツライ禁煙を楽しみに変える人気のアイテム▼

TaEco(タエコ)

>>「TaEco(タエコ)」の詳しい情報はコチラから<<

 

電子タバコランキング

>>安全性に配慮した日本製電子タバコ特集はコチラから<<

【安全性に配慮した日本製電子タバコ特集】関連記事

EFOS E1(イーフォス イーワン)

▼独自開発のスティックホルダーを採用!▼>>「EFOS E1(イーフォス イーワン)」の詳しい情報はコチラから<<加熱式電子タバコは2015年ごろから登場した新しいタイピの喫煙具で、タバコの葉を加熱して蒸気を吸引する、日を使わないタバコです。しかし、アイコスは使い勝手が悪く、連続で吸うことが出来ない...

C-Tec

▼C-Tec Duoではじまるクリーンなひととき▼>>>「C-Tec」の詳しい情報はコチラから<<この2、3年前から少しづつ人気が出てきている電子タバコ。今ではいろいろな種類があり、健康を気にする人が始めるケースが増えています。電子タバコの使用にはメンテナンスを行う必要があり、怠れば危険を伴います。...

VPJapan

▼次世代の電子タバコ「VP」の時代が来た!▼>>「VP Japan」の詳しい情報はコチラから<<電子タバコにはいくつかの種類があり、中には初心者では取り扱いが難しいものがあります。電気を使う電子タバコは、通常のタバコと比べれば安全なものですが、初心者が使い方を謝ると危険を伴う事があります。VPJap...

TaEco(タエコ)

▼ツライ禁煙を楽しみに変える人気のアイテム▼>>「TaEco(タエコ)」の詳しい情報はコチラから<<電子タバコはいろいろなメーカーから発売されていますが、爆煙といわれる通常の電子タバコよりも煙が多いタイプの電子タバコを販売しているのがTaEcoです。TaEcoの電子タバコはリキッド式で、3,000円...

JPvapor(ジェイピーベポ)

▼始めるならシンプルでカンタンがいい!▼>>「JPvapor(ジェイピーベポ)」の詳しい情報はコチラから<<ジェイピーベポは電子タバコのメーカーの中でも斗くんいリキッドの種類が多いのが特徴で、フルーツ系からドリンク、スイーツ系と幅広く取り揃えているのが特徴です。ジェイピーベポが取り扱うリキッドは全て...

SMOOTHV!P

▼ニコチンゼロのリラックスアイテムついに登場▼>>「SMOOTHV!P」の詳しい情報はコチラから<<SMOOTHV!Pはシンプルで使いやすい電子タバコで、初心者向けではありますが、電子タバコに慣れている人でも使えるという特長を持っています。SMOOTHV!Pの電子タバコはリキッド式で、初心者には少々...

エミリミニプラス

▼おしゃれなカラーバリエーション☆豊富なリキッド!▼>>「エミリミニプラス」の詳しい情報はコチラから<<電子タバコが日本でも普及し始めたのは2017年。それまではとりあえず電子タバコとしての機能のほうが重視されていたため、見た目が無骨でカラーも白か黒であることはほとんどでした。2017年の後半から電...