タバコの匂いが嫌いな人にも受け入れられる香り

電子タバコ,安全,危険

愛煙家の多くが、タバコの香りはヤニの香りであり、それが心地いい香りと思っています。
しかしタバコを吸わない人からしてみればタバコの匂いほど気分の悪い香りはないという人もいます。

 

特に若い女性や子供はタバコの匂いに非常に敏感です。
愛煙家の多くが、社会のこういったタバコに対する嫌悪をきっかけにタバコを止める決心をします。

 

しかし禁煙はストレスも多く、なかなか成功には至りません。

 

全くタバコをやめてしまうのではなく、電子タバコに切り替えてみるというのも方法の一つです。
電子タバコは愛煙家たちの間ではべイプと呼ばれています。

フレーバーも選べて周囲の人にも配慮できる電子タバコ

電子タバコ,安全,危険

べイプは世界中で愛用する人が増加している全く新しい嗜好品の一つです。
電子タバコというと日本では禁煙道具としての印象が強くあります。

 

べイプはその形がとても個性的で、例えるなら水タバコのパイプのような形に似ています。
そしてべイプは様々なフレーバーのリキッドが発売されています。

 

自分の好きなフレーバーのリキッドをカートリッジに差し込み、楽しむことができます。
そしてこのリキッドは人から嫌悪されない香りと、煙ではない水蒸気を口から吐くことで周りに対して非常に配慮された嗜好品です。

 

どうしても日本の電子タバコのイメージで見た場合、退屈な味を想像してしまいます。
しかしべイプのリキッドはおよそ90種類も出ています。

 

自分の好みに合った香りのリキッドを選んで、カートリッジに差し込めば極上の香りを楽しむことが出来ます。

今や世界中で普及している経済的でおしゃれな電子タバコ

電子タバコ,安全,危険

べイプという全く新しいタイプの電子タバコが生まれたのは、かつて喫煙先進国であった欧米です。
しかし90年代に国を挙げて禁煙活動に取り組み、今では禁煙先進国となりました。

 

しかしそんな禁煙先進国でもやはり潜在的な愛煙家というのは居るものです。
愛煙家の多くがパイプや電子タバコにシフトしていったのです。

 

パイプは煙ですし、肺に入れると癌になるリスクがあります。
しかしべイプの場合、水蒸気を吸っているだけです。

 

肺に入れても特に問題はなく、副流煙という概念もありませんので、人に迷惑をかける心配もありません。
そして何より、このべイプが世界的に流行している理由の一つが電子タバコになのに電子タバコらしくないという事です。

 

古いタバコのイメージを一新するオシャレな電子タバコ

電子タバコ,安全,危険

つまりタバコのかたちをしていないのが特徴です。

 

タバコというと紙タバコのような7センチくらいの細い筒状のものを想像してしまいます。

 

べイプは長さ13センチ程度と長めで、ステンレス製の筒状です。
紙タバコのように中指と人差し指で吸う物ではなく、親指と人差し指で吸うことになります。

 

見た目のインパクトが非常に大きく、ファッションアイテムとしてオシャレに敏感な若い層に人気が出ました。
そしてそれがやがて禁煙に成功した元愛煙家たちの心をガッチリと掴み、市場が爆発的に拡大していったのです。

 

今や欧米ではオフィスでもクラブでも誰もがべイプを吸い、紙タバコは価格面でも非常に高価な嗜好品の扱いになっています。
メジャーの座はすっかり電子タバコに移ってしまっています。

 

そんな電子タバコは、世界においてメジャーな嗜好品の座を紙タバコから奪おうとしているのです。

 

電子タバコランキング

>>安全性に配慮した日本製電子タバコ特集はコチラから<<

【人から嫌悪されない様々な香り】記事一覧

電子タバコ,安全,危険

欧米での最先端電子タバコべイプの認知度は、中高年よりも若者の方が高いようです。特にライブ会場やクラブといった文化的な施設において、吸われることが多いようです。またレストランでも、最近は紙タバコはダメだけど電子タバコは問題なしという風潮が生まれてきています。主にナイトライフを充実させたい流行に敏感な若い層に人気のある嗜好品となってきています。どうして若い人は紙タバコを敬遠し、電子タバコに興味を持つの...

電子タバコ,安全,危険

どうして人はタバコを吸うのでしょうか。どんな時に紙タバコを吸っているのか調べてみたところ、寝起きや食後、コーヒーやお酒を飲んでいる時、また仕事でイライラした時などに人はタバコを吸う傾向があります。しかし紙タバコはご存知のように体にも非常に悪影響を及ぼす嗜好品です。出来れば積極的に吸うのは控えたいところです。しかしどうしてもタバコが吸いたくなった時、思い切って体に良くない紙タバコから電子タバコに変え...