美容の大敵の紙タバコ・電子タバコなら肌への影響が少ない

美容に影響されない電子タバコ

紙タバコは美容の大敵!電子タバコなら肌への影響が少ない

電子タバコ,安全,危険

紙タバコを20歳から60歳の定年になるまで吸い続けていた場合、肺はもちろん、お肌にも非常に悪い影響を与えます。
肌のダメージを修復する成分としてビタミンCが有効である事は知られています。

 

しかし紙タバコ1本吸うごとにレモン3個分のビタミンCが体内から失われるのです。
そして適切にビタミンCを取らずに60歳まで喫煙を続けた場合、その肌はとても60歳と思えないくらいに老化します。

 

紙タバコを40年も吸い続ければ少なからず体には悪い影響を与えます。
タバコによる老化肌を生む原因としてはやはりニコチンやタールの影響です。

 

紙タバコから電子タバコに切り替えて体の中から綺麗に

電子タバコ,安全,危険

肺の中はベットリとしたタールで汚染され、口の中も大量のヤニで不潔になります。
結果的に歯周病や歯肉炎の原因ともなります。

 

紙タバコは見た目はオシャレかもしれませんが、実は体に非常に負担をかけている嗜好品なのです。
ところが電子タバコの場合はどうでしょうか?

 

電子タバコはそもそも煙が主成分ではない為、人体に与える悪い影響はごく限られてきます。
仮に電子タバコを20歳から60歳までの40年間吸い続けたとします。

 

それでも肺にコールタールのようなニコチン成分が沈殿することはないでしょう。

 

そして極度にビタミンCも失われることはないですし、タバコを原因としたお肌のトラブルは起こりにくくなります。
もし美容や健康の事を考えた嗜好品を探しているのであれば、見た目もファッショナブルな電子タバコを始めてみてはいかがでしょうか。

 

電子タバコランキング

>>安全性に配慮した日本製電子タバコ特集はコチラから<<


トップへ戻る