ニコチンもタールも無い電子タバコで健康的にリフレッシュ

電子タバコ,安全,危険

どうして人はタバコを吸うのでしょうか。
どんな時に紙タバコを吸っているのか調べてみたところ、寝起きや食後、コーヒーやお酒を飲んでいる時、また仕事でイライラした時などに人はタバコを吸う傾向があります。

 

しかし紙タバコはご存知のように体にも非常に悪影響を及ぼす嗜好品です。
出来れば積極的に吸うのは控えたいところです。

 

しかしどうしてもタバコが吸いたくなった時、思い切って体に良くない紙タバコから電子タバコに変えてみては如何でしょうか。
電子タバコにはニコチンもタールも入っていませんが、不思議な事に吸った時の満足感は紙タバコとさほど違いを感じません。

 

煙ではなく水蒸気と豊かなフレーバーで満足できる電子タバコ

電子タバコ,安全,危険

どうして水蒸気主体の電子タバコがそこまで満足できるのでしょうか?

 

電子タバコの特徴でもあるフィルターから豊富な水蒸気を吸うことで、紙タバコ独特の喉に絡むような刺激を感じさせているのです。

 

実際は煙ではありませんし、単なる水蒸気ですので身体には害を与えることはありません。

 

朝の寝起きや食後、そして仕事の休憩時間といった強烈にタバコを吸いたくなるタイミングがあります。

 

電子タバコなら十分満足できる水蒸気と香り豊かなフレーバーで、きっと心身ともにリラックス出来る事間違いありません。

 

健康的にリフレッシュをするなら紙タバコよりも電子タバコの方が健全ですし、安全でありコストパフォーマンスも高いのです。


電子タバコなら場所を気にせずどこでも吸える

電子タバコ,安全,危険

電子タバコの大きな利点として副流煙に対する気配りをする必要性がないということがあげられます。

 

電子タバコの煙はナチュラルフレーバーの配合の水蒸気です。
直接タバコのように肺に入れても問題はありません。

 

吐き出す煙も水蒸気ですので、タールもニコチンもありません。
周りに配慮しながら吸う必要がないのです。

 

最近は駅や空港でも完全分煙が進み昔のようにどこでも吸えるわけではありません。
昔は喫茶店や駅、公共の場では当たり前のように吸えました。

 

最近は公共の場では完全に吸えなくなりました。
吸えたとしてもあまり人前で堂々と吸えるようなところがなくなったように思います。

 

電子タバコなら堂々と吸えて周囲にも配慮できる

電子タバコ,安全,危険

その大きな理由は紙タバコの煙の成分にあるためです。
紙タバコの煙の主成分は吸う煙の主流煙と吐き出す煙の副流煙に分かれます。

 

主流煙よりも、吐き出す副流煙の方が発がん性物質が高い事が最近の研究結果によってわかってきました。
社会の分煙化は一気に加速しました。

 

そして愛煙家の多くがガラス張りの密室に押し込められながら、窮屈な思いをしながらタバコを吸うことになったのです。
しかしそんな心配は電子タバコには必要ありません。

 

電子タバコは大変高品質な天然フレーバーの煙を吸うため、吐く煙にも発がん性物質はタバコ程含まれてはいません。
そのため自宅や子供の前、また公共の場といったこれまで吸うのに躊躇していた場所でも堂々と吸うことが出来るのです。

アトマイザーで好みに合わせて調節できる電子タバコの煙量

電子タバコ,安全,危険

電子タバコは煙量の調節ができます。
アトマイザーと呼ばれる紙タバコで言うところのフィルター一つで、煙量が大きく変化します。

 

たくさん煙が欲しいときは煙量の多いアトマイザーを、そんなに煙は必要ないという事であれば、煙量の少ない用のアトマイザーでコントロールすることが出来ます。

 

しかしアトマイザーは煙量コントロールの装置ではありません。
リキッドから発煙させる際のフレーバーをより滑らかにさせ、より美味しく感じるようにさせる道具です。

 

価格も安いものから高いものまで、非常に豊富にあります。

 

特におススメなのが、煙量が多いタイプのアトマイザーです。
Asrire Nautilusというシリーズと、カンガ―テックエアロタンクと呼ばれるアトマイザーです。

アトマイザーを良いものにすることでさらに美味しくなる

電子タバコ,安全,危険

電子タバコの命はまさにこのアトマイザーなのだという事が納得できるアトマイザーです。

 

これらAsrire Nautilusのシリーズは販売単価が1つ500円程度であるのに対して、カンガ―テックエアロタンクの方は2000円台と少々高額です。

 

この2つのアトマイザーは電子タバコとは思えないくらいの煙量と、繊細な味を楽しむことが出来ます。
やはりべイプは禁煙タバコとは違いますし、電子タバコの中でも別格な電子タバコです。

 

よりリアルで繊細な味を追求して居ます。
そのため販売価格は高めになってしまうのです。

 

高品質な嗜好品を求めていくのであれば、アトマイザーは多少良いものにした方が、より上質な味を楽しめます。

 

電子タバコランキング

>>安全性に配慮した日本製電子タバコ特集はコチラから<<