ファッション性も高く愛煙家も満足できる電子タバコが禁煙ストレスを解消

電子タバコ,安全,危険

タバコを止めるとつい口が寂しくなってしまいます。
そのため食べ過ぎてしまうことから体重増加してしまう人も多いです。

 

そして実際にアメリカでは国を挙げた禁煙活動によって肥満が増加しました。
ただでさえ肥満の多いアメリカで更に肥満が増えてしまったのです。
この禁煙の副作用は現在のアメリカの社会問題となっています。

 

その紙タバコをやめた時の口が寂しさやストレスのはけ口として、近年電子タバコの存在が注目を集めています。
電子タバコメーカーが紙タバコニーズの受け皿となっていったのです。

紙タバコの代用品としてだけではなくファッションとしても注目の電子タバコ

電子タバコ,安全,危険

タバコという嗜好品は高いニーズが存在します。
それは言い換えると、タバコ独特の強い依存性を示しています。

 

タバコを失った事で、強いストレスを感じた人達に、タバコに代わる健康的な何かを提供すればそれは紙タバコ愛好家たちの受け皿になりうるわけです。
そしてそれをしっかりと受け止めたのが電子タバコだったわけです。

 

2005年あたりから北米を中心にべイプと呼ばれる全く新しい電子タバコが登場しました。
これまで紙タバコを続けてきた中高年や若い世代を中心に人気が出てくるようになりました。

 

また紙タバコを経験したことのない、若い層にも電子タバコはファッションとして取り入れられています。
こういった新しい楽しみ方が入ってきたことで今、欧米を中心にべイプと呼ばれる電子タバコが大流行の兆しを見せているのです。


味が軽すぎて不評だった電子タバコは今は愛煙家も納得の重厚感に

電子タバコ,安全,危険

発売初期2005年頃の電子タバコはあまり人気が出ませんでした。
味も単一的で深みもない禁煙パイポと紙一重でした。

 

吸い続けていきたいと思わなかったという方も多いのではないかと思います。
当時の電子タバコが売れなかった理由として、味がとにかく軽すぎたためであると言われています。

 

味の重さはタバコにとって命であり、この重みこそ、喫煙の満足感と精神的な充足感与えます。
ニコチンに慣れ親しんできた人からしてみれば、メンソールやフルーツ系の味の付いた電子タバコに抵抗を持たれた方も多いのではないでしょうか。

 

そしてその大きなネックとなっているのが煙です。
発売当初の電子タバコの煙はどこから水蒸気が出ているのかもわからないくらい微量でした。

 

しかもこれだけ散々に酷評されておきながら、1本あたり千円近い費用がかかるのです。
人気が出なかったのも当然です。

 

人気の電子タバコ「べイプ」なら愛煙家も納得の満足感

電子タバコ,安全,危険

しかしヨーロッパで大人気のとなった未来形電子タバコのべイプというものがあります。
こちらは煙量が多く吸った時の満足感はとても高いです。

 

煙量の多さからくる重厚感は愛煙家も唸るくらいです。

 

そしてなによりタバコの味のバリエーションが非常に多いのがポイントです。

 

メンソールやフルーツ系だけでなくニコチン系の味を求める愛煙家も十分満足できる品ぞろえとなっています。
かつての電子タバコとは一線を画し、徹底的に過去の電子タバコの印象を拭い去ろうとしているのです。

 

電子タバコランキング

>>安全性に配慮した日本製電子タバコ特集はコチラから<<