値上がりする紙タバコよりタバコ税のかからない電子タバコがお得!

高騰するタバコに一石を投じた

値上がりするタバコに代わってタバコ税のかからない電子タバコが人気

電子タバコ,安全,危険

今の若い人達は昔はタバコが1箱220円から250円で買えた事を知ると驚かれるでしょう。
また今以上に種類豊富なタバコの銘柄が存在していました。

 

ところが1997年に日本ではタバコの規制が一斉に始まりました。
第1弾としてタバコCMが一切放送禁止になります。

 

そして徐々にタバコの銘柄は合理化されていく事になりました。
それと共にタバコの価格は段階的に上がっていく事になるのです。

 

この禁煙対策の傾向は日本以外だとより厳しく行われています。
例えば2000年代初頭日本でタバコ1箱300円程度で買えた銘柄がはイギリスではその倍の600円近く出さないと買えません。

 

タバコの吸える場所も、公共の場は全面嫌煙です。
飲食店でも店内では吸えません。

 

外でもごく限られた場所じゃないと喫煙が認めらません。
とにかくタバコを吸う人達は世間と社会から徹底的に区別されたのです。

 

タバコをやめたくない愛煙家の受け皿になった電子タバコ

電子タバコ,安全,危険

値上がりを続けるタバコの販売価格に付いていけなくなった愛煙家は続々とタバコと決別しました。
しかし愛煙家の多くが口をそろえて「タバコが値上がりしなければタバコは止めなかっただろう」と口にします。

 

つまり愛煙家は出来ればタバコはやめたくないのです。
そして彼らの欲求の受け皿になったものが電子タバコです。

 

2005年あたりからジワジワと電子タバコを愛用する人が出だしました。
電子タバコの人気に火が付いたのは新しいおしゃれな嗜好品という面もあります。

 

しかし多くは紙タバコの代用品として吸い始めた人が居たためです。
もしタバコ価格が値上がりしなければ電子タバコはここまで人気になることはなかったのかもしれません。

 

電子タバコランキング

>>安全性に配慮した日本製電子タバコ特集はコチラから<<


トップへ戻る