おしゃれで豊富なフレーバーを選べる電子タバコ

電子タバコ,安全,危険

電子タバコが欧米で若者の間で爆発的に普及した理由として、ファッションと強く結びついたためと言われています。

 

最近の若者はタバコのヤニに対して非常に嫌悪感を抱く人が多いのが特徴です。

 

どうして電子タバコは抵抗なく受け入れることが出来たのでしょうか?

 

電子タバコの形状がとてもおしゃれであるという事もあります。
しかし主に豊富なリキッドから好みのフレーバーを選択できるというメリットがあったからと言われています。

 

電子タバコの煙量の要はアトマイザーですが、味の決め手はフィルターであるリキッドにあります。
このリキッドは結構簡単に手に入れる事が出来ます。

 

ネットだと大手通販サイトでも購入できますし、ショップでも買うことができます。
では電子タバコのリキッドにはどういった味のものがあるのでしょうか?

豊富な電子タバコのフレーバーとは?

電子タバコ,安全,危険

代表的なものであればいちご味や桃味、リンゴやぶどうといったフルーツ系のリキッドがあります。

 

またタバコフレーバーに近いものとして、マイルドセブン系やMarlboro、メンソールやcoolといったスッキリ系から、吸った後の爽快感がたまらないアイスミントやスーパークールといった銘柄もあります。

 

最近ではコーヒー味やコーラ味、レッドブル風味のリキッドや、本家でも販売していないようなレッドブルのアイスミントテイストなるものまであります。

 

種類にして約90種類近いリキッドを用意しており、充実のラインナップと言わざるを得ません。

 

このようにかつての電子タバコでは到底ありえなかった充実のリキッドが展開されています。
自分の今の気分にあったリキッドをセレクトし楽しむことが出来るのが、電子タバコべイプのメリットなのではないでしょうか。

チョコレート・ストロベリー系のフレーバーの電子タバコが欧米の女性に大ヒット

電子タバコ,安全,危険

1990年代後半くらいから欧米では女性を対象したタバコの新銘柄が続々と発表されました。
この女性向けのタバコの特徴は、細長い形状と、チョコレートやストロベリー系のフレーバーでした。

 

タバコ系とメンソール系しか無かったたばこ市場で、これらのフレーバーは非常に画期的でした。
これらはソブラニーやプティートという銘柄になりました。

 

日本はもちろん世界中の女性愛煙家の間で流行しました。

 

この頃、これから世界的に始まりつつある禁煙運動の危機感がタバコ業界にありました。
女性向けのタバコは、新たな市場開拓のために始めた苦肉の策であると言われています。

 

結果として新たな市場は開拓できたものの、のちに生まれる電子タバコの市場に持って行かれることになったのです。

 

女性たちが電子タバコ流行の火付け役?

電子タバコ,安全,危険

女性愛煙家たちは電子タバコが出るよりも前から、ソブラニーやプティートといった新しいフレーバーに慣れ親しんでいました。
その為、電子タバコが出た後も、これまで同様に新フレーバーを抵抗なく受け入れられたのです。

 

またファッション雑誌などでは女性モデルが電子タバコをくわえる写真が掲載されたりしたことも話題になりました。
当時は電子タバコやべイプというワードがあまり浸透していない時代でした。

 

トルコの水タバコと勘違いした読者も多かったようです。

 

しかしこれをきっかけに北米や欧州の女性の間では電子タバコべイプが爆発的にヒットました。
その波は日本でもすぐそこまで来ているのです。

 

電子タバコランキング

>>安全性に配慮した日本製電子タバコ特集はコチラから<<