電子タバコはキザにカッコよく吸って目立とう

電子タバコ,安全,危険

タバコは昔からクールに吸う事がイケてると思われてきました。
そしてその哲学はべイプになってからも基本的には踏襲し続けられています。

 

キザに吸う事がかっこいいと思われています。
電子タバコであるべイプはその特徴的な形から、個性を主張できるアイテムでありファッショナブルであるとも言えます。

 

持っていたら目立つことは間違いありません。
きっとあなたの自己顕示欲をガンガン刺激してくれる事間違いありません。

 

目立つ服装でちょっとおしゃれな場所でべイプを取り出し、口にくわえれば周りからの注目の的になります。

最先端の電子タバコはカッコよく吸おう

注目の的にならなくても、自宅でべイプを楽しむ場合も電子タバコであるゆえのメリットがあります。
副流煙も主流煙も毒性が非常に低い事から、家族や子供に気を使うことなく電子タバコを楽しむことができます。

 

そして火を使わない事から火災の原因になることもありません。
仮に寝ながらべイプを吸ったとしても寝タバコにはなりませんので、安心して吸う事ができます。

 

このようにべイプは電子タバコという特性から、これまで吸えなかったような場所でも、気兼ねなく遠慮なく吸う事ができます。

 

ただべイプは自宅で吸うには少々もったいないような気もします。
なぜならべイプがこれまでの世間の常識を一蹴するような全く新しいタイプの電子タバコであるからです。

 

そんな最先端の電子タバコを吸うのですし、せっかくならいろんな人に見てもらいながらドヤ顔で吸ってみたいものです。

実は電子タバコは本当に有効な禁煙道具ではない

電子タバコ,安全,危険

電子タバコのことをここまでおすすめしておきながら、梯子を外すようなことを言ってしまいますが、実は電子タバコは禁煙道具にはなりません。

 

よく禁煙をするきっかけとして電子タバコを始める人がいます。

 

電子タバコは基本的に嗜好品の一つであって、電子タバコ自体に禁煙を促進する成分は含まれてはいません。
電子タバコにはニコチンやタールが殆ど含まれていません。

 

またタバコのような依存性が低いように感じるため、禁煙道具としては良いように感じます。

 

しかし電子タバコで完全にタバコと断ち切れた人はあまりいません。
もし本気で禁煙を始めたいという事であれば、タバコの依存度によります。

 

禁煙をしたいならまず医師に相談を

電子タバコ,安全,危険

個人差があるのでまずは医師に相談する事をおススメします。
そして医師の判断で禁煙外来に通院すべきかどうかを判断してもらいましょう。

 

最近の禁煙外来はニコレットのような禁煙ガム以外に、強力なニコチンパッドも処方してくれます。
このニコチンパッドを腕に張り付けているだけで、タバコが吸いたくなくなるという不思議なパッドです。

 

口に電子タバコを咥えながら禁煙していく方法は万人が成功できる保証もありません。
しかし成功している人も少なからずいます。

 

ですので絶対無理とも言いきれません。
しかし電子タバコに対する認識としては紙タバコやお酒と一緒で嗜好品の一つくらいに思って割り切ることが必要です。

 

電子タバコランキング

>>安全性に配慮した日本製電子タバコ特集はコチラから<<