本当に禁煙に有効なのは電子タバコではなく医療

完全なる禁煙道具にはならない

実は電子タバコは本当に有効な禁煙道具ではない

電子タバコ,安全,危険

電子タバコのことをここまでおすすめしておきながら、梯子を外すようなことを言ってしまいますが、実は電子タバコは禁煙道具にはなりません。

 

よく禁煙をするきっかけとして電子タバコを始める人がいます。

 

電子タバコは基本的に嗜好品の一つであって、電子タバコ自体に禁煙を促進する成分は含まれてはいません。
電子タバコにはニコチンやタールが殆ど含まれていません。

 

またタバコのような依存性が低いように感じるため、禁煙道具としては良いように感じます。

 

しかし電子タバコで完全にタバコと断ち切れた人はあまりいません。
もし本気で禁煙を始めたいという事であれば、タバコの依存度によります。

 

禁煙をしたいならまず医師に相談を

電子タバコ,安全,危険

個人差があるのでまずは医師に相談する事をおススメします。
そして医師の判断で禁煙外来に通院すべきかどうかを判断してもらいましょう。

 

最近の禁煙外来はニコレットのような禁煙ガム以外に、強力なニコチンパッドも処方してくれます。
このニコチンパッドを腕に張り付けているだけで、タバコが吸いたくなくなるという不思議なパッドです。

 

口に電子タバコを咥えながら禁煙していく方法は万人が成功できる保証もありません。
しかし成功している人も少なからずいます。

 

ですので絶対無理とも言いきれません。
しかし電子タバコに対する認識としては紙タバコやお酒と一緒で嗜好品の一つくらいに思って割り切ることが必要です。

 

電子タバコランキング

>>安全性に配慮した日本製電子タバコ特集はコチラから<<


トップへ戻る