超オシャレな電子タバコ・べイプが日本にも上陸

電子タバコ,ベイプ,お洒落

電子タバコと聞くと以前コンビニで売っていたプラスチック製のあの商品を思い浮かべる人も多いと思います。
先端に赤い発光ダイオードの付いた見た目も禁煙パイポに限りなく近いあのタバコです。

 

日本で電子タバコというと禁煙ツールとしての印象が強いでしょう。
それを吸っていると誰が見ても禁煙のために努力しているのだなとわかるような代物す。

 

とてもかっこいいとかスタイリッシュには見えないツールです。

 

しかし今、欧米で大人気の未来のタバコとも言うべき電子タバコ、べイプをご存知でしょうか。
べイプはザックリといえば電子タバコです。

見た目もおしゃれで話題を集めている電子タバコ

電子タバコ,ベイプ,お洒落

べイプは充電式で炎は使いません。
煙も香りの付いたものや、さわやかなメンソールタイプのカートリッジを取りつけて吸うタイプです。

 

葉っぱを炎で燃やして吸うタイプのものとは異なります。
また見た目も少々長めのキセルのような形をしており、それはまるで江戸時代の商人が口に咥えていたキセルそのものに見えます。

 

このべイプが実は今、全世界で流行の兆しを見せています。
特にヒエラルキーの高い知識層や、おしゃれな若者たちの間で少しづつではありますが、流行りだしてきています。

 

どこから見てもタバコとは違うステンレスの棒からモクモクと煙が出ているので、知らない人からしてみたら、何を吸っているのかわかりません。
まさかそれが電子タバコだなんて思いもよらない事でしょう。

 

日本でもこのべイプが上陸し話題を集めているのです。

電子タバコの3つのパーツはカスタマイズできる

電子タバコ,ベイプ,お洒落

べイプの見た目は紙タバコとは大きく異なります。
例えるならキセルのようにも見えます。

 

ステンレス製で出来た筒状の棒を口に咥え、そこから煙を吸い上げていきます。
トルコなどで見かける水タバコをコンパクトにしたような形状にも見えます。

 

そしてこのべイプと呼ばれる電子タバコが紙タバコと大きく異なる点として、火を使わないということが挙げられます。
このべイプの構造としては大きく分け3つのパーツで構成されています。

 

アトマイザーと呼ばれるのは香料を流し込み水蒸気を発生させる部分です。
ドリップチップは紙タバコでいうところのフィルターに当たる部分です

 

そしてバッテリーと呼ばれる電子タバコの最も長い部分です

 

そして実際にべイプを購入する際にはそれぞれ3つのパーツごとに購入することが可能です
高いものから安いものまで様々あります。

フィルターとアトマイザー、そしてバッテリーの3パーツからなるべイプ

電子タバコ,ベイプ,お洒落

また実際にアトマイザーに入れるリキッドと呼ばれる香料も、非常に多くの種類が発売されています。

 

専門店へ出向きそのリキッドの香りを楽しんでいるだけでも、半日はつぶせます。

 

とりあえず買った最初は電子タバコの命とも言うべき、バッテリーチャージをしなくてはいけません。

 

専用の充電器で充電します。

 

充電が済んだら、アトマイザーに香料を流し込みます。

 

そしてフィルターとアトマイザー、そしてバッテリーの3パーツを組み立てればべイプとして楽しむことができます。

 

電子タバコランキング

>>安全性に配慮した日本製電子タバコ特集はコチラから<<

Eリキッドとは電子タバコの種類豊富なフレーバー

電子タバコ,ベイプ,お洒落

べイプの香りカートリッジは別名Eリキッドと呼ばれています。
電子タバコの香りカートリッジと全く意味は一緒です。

 

このEリキッドですが、大変たくさんの種類があります。
専門店へ行った際はその香を楽しんでいるだけで、半日潰せてしまうくらい充実した品ぞろえとなっています。

 

ハーブ系やフルーツ系、アロマ系に至るまで、その種類は約100種類以上とも言われています。
かつてあった日本の電子タバコとは取り扱っている種類に大きな差があります。

 

実際に自分の好みのリキッドが見つかれば、ショップで購入する事もできます。
専門店が遠くて行けない人などはアマゾンや楽天といったネット通販サイトでも買うことはできます。

 

煙量もリキッドの種類の豊富さもうれしい電子タバコ

電子タバコ,ベイプ,お洒落

価格は2000円台から高くても3000円程度と手に入れやすい価格です。
ただかつて日本で売られていたなんちゃって電子タバコは、価格帯が千円以下でした。

 

べイプとそれを価格面で比較するととても同じ電子タバコとは思えないくらい、べイプの方が高いように感じます。
確かにべイプは初心者向けのスターターキッドでも安いもので7千円くらいします。

 

千円以下の電子タバコとは比較にならないくらい高額です。
しかしこれは実際に吸ってみたらきっとお分かり頂けると思います。

 

煙量が千円の電子タバコと比較にならないくらい多く、また自分好みのリキッドを探す楽しみも生まれます。

ニコチンやタール独特のにおいは一切しない電子タバコ・べイプ

電子タバコ,ベイプ,お洒落

例えば嫌煙家がホテルに宿泊した際、その部屋が喫煙可能な部屋だったとしたら、きっとその部屋の匂いから一気に興ざめしてしまうでしょう。

 

また電車に乗っている時、途中から乗ってきた乗客が喫煙してきた直後であったら、その臭いからすぐに嫌悪感をあらわにするでしょう。

 

このように紙タバコの匂いというのは,とても強力で、なかなか取れないものなのです。
またそれが嫌煙家の最も嫌う点です。

 

この問題さえ解決すれば、嫌煙家もさほど嫌悪感を抱かないのではないでしょうか。

 

べイプの電子タバコは嫌な臭いが一切ないため、人と接するような場面でも相手に嫌悪感を抱かれずに済むでしょう。

 

灰も吸い殻も出ずクリーンなべイプは公共の場所で吸える?

電子タバコ,ベイプ,お洒落

べイプの特徴はその香りです。
天然成分由来のフレーバーリキッドですので、ニコチンやタール独特のにおいは一切しません。

 

そしてなにより吐いた煙は水蒸気であり、副流煙で他人に迷惑をかける心配がないのが特徴です。
従ってその場を管理している管理者が認めればの話ですが、公共の場でも遠慮なく吸えます。

 

灰も出ず吸殻もありません。
極端な話電車に座っていながらにして吸うことも可能です。

 

ただ水蒸気とはいえ煙状になっているため、電車の警報がその水蒸気を煙と感知するおそれがあります。
そのために吸えないというだけで、今後鉄道会社さえ認めれば問題なく吸えるでしょう。

水蒸気を吸う電子タバコ・べイプの体に与える影響とは?

電子タバコ,ベイプ,お洒落

べイプは全く新しい未来タイプの電子タバコです。
その本質的なものは、旧来の紙タバコとは一線を画しています。

 

しかしタバコではないものの、味の付いた濃厚に圧縮された水蒸気を吸う訳です。
体内に悪い影響がありそうな気もします。

 

べイプは普通に吸っても体には問題ないのでしょうか?
まずべイプは電子タバコの中でも、とても高い審査基準をクリアし厳選されたリキッドを吸うことになります。

 

そのリキッドの主成分は薬効成分の高いハーブであり、フルーツなどです。

ヘルシーで依存性が低いべイプ

電子タバコ,ベイプ,お洒落

葉を燃やすタバコと違いタールが体に溜まることはありません。

 

絶対にないというと嘘になりますが、人体に問題ない程度、量にしてタバコのおよそ1000分の1以下しかありません。

 

その量は自然界で人間が生きていく上で問題ない量です。

 

またニコチン成分も全くありませんので、何よりも依存性が極めて低いのがべイプの電子タバコなのです。

 

べイプを吸い始めると、これまでのタバコを口に咥えて火を付けるという習慣がなくなります。
口に咥えたソケットに電気を入れるというプロセスに変化します。

 

そしてソケットから吸引する煙は、天然成分由来の水蒸気です。
人体に与える影響はタバコの比ではありません。

 

タバコの吸い過ぎで肺がんになる人はいますが、そんな不安を一蹴してくれる道具こそべイプです。
体に悪い影響を与えずに、子供の前でも遠慮なく吸うことの出来る電子タバコこそべイプなのです。