電子タバコ・べイプはニコチンやタール独特のにおいがしない?

嫌みな香りは一切しないべイプ

ニコチンやタール独特のにおいは一切しない電子タバコ・べイプ

電子タバコ,安全,危険

例えば嫌煙家がホテルに宿泊した際、その部屋が喫煙可能な部屋だったとしたら、きっとその部屋の匂いから一気に興ざめしてしまうでしょう。

 

また電車に乗っている時、途中から乗ってきた乗客が喫煙してきた直後であったら、その臭いからすぐに嫌悪感をあらわにするでしょう。

 

このように紙タバコの匂いというのは,とても強力で、なかなか取れないものなのです。
またそれが嫌煙家の最も嫌う点です。

 

この問題さえ解決すれば、嫌煙家もさほど嫌悪感を抱かないのではないでしょうか。

 

べイプの電子タバコは嫌な臭いが一切ないため、人と接するような場面でも相手に嫌悪感を抱かれずに済むでしょう。

 

灰も吸い殻も出ずクリーンなべイプは公共の場所で吸える?

電子タバコ,安全,危険

べイプの特徴はその香りです。
天然成分由来のフレーバーリキッドですので、ニコチンやタール独特のにおいは一切しません。

 

そしてなにより吐いた煙は水蒸気であり、副流煙で他人に迷惑をかける心配がないのが特徴です。
従ってその場を管理している管理者が認めればの話ですが、公共の場でも遠慮なく吸えます。

 

灰も出ず吸殻もありません。
極端な話電車に座っていながらにして吸うことも可能です。

 

ただ水蒸気とはいえ煙状になっているため、電車の警報がその水蒸気を煙と感知するおそれがあります。
そのために吸えないというだけで、今後鉄道会社さえ認めれば問題なく吸えるでしょう。

 

電子タバコランキング

>>安全性に配慮した日本製電子タバコ特集はコチラから<<


トップへ戻る