電子タバコ・べイプの体への安全性と危険性とは?

べイプの体に与える影響とは?

水蒸気を吸う電子タバコ・べイプの体に与える影響とは?

電子タバコ,安全,危険

べイプは全く新しい未来タイプの電子タバコです。
その本質的なものは、旧来の紙タバコとは一線を画しています。

 

しかしタバコではないものの、味の付いた濃厚に圧縮された水蒸気を吸う訳です。
体内に悪い影響がありそうな気もします。

 

べイプは普通に吸っても体には問題ないのでしょうか?
まずべイプは電子タバコの中でも、とても高い審査基準をクリアし厳選されたリキッドを吸うことになります。

 

そのリキッドの主成分は薬効成分の高いハーブであり、フルーツなどです。

 

ヘルシーで依存性が低いべイプ

電子タバコ,安全,危険

葉を燃やすタバコと違いタールが体に溜まることはありません。

 

絶対にないというと嘘になりますが、人体に問題ない程度、量にしてタバコのおよそ1000分の1以下しかありません。

 

その量は自然界で人間が生きていく上で問題ない量です。

 

またニコチン成分も全くありませんので、何よりも依存性が極めて低いのがべイプの電子タバコなのです。

 

べイプを吸い始めると、これまでのタバコを口に咥えて火を付けるという習慣がなくなります。
口に咥えたソケットに電気を入れるというプロセスに変化します。

 

そしてソケットから吸引する煙は、天然成分由来の水蒸気です。
人体に与える影響はタバコの比ではありません。

 

タバコの吸い過ぎで肺がんになる人はいますが、そんな不安を一蹴してくれる道具こそべイプです。
体に悪い影響を与えずに、子供の前でも遠慮なく吸うことの出来る電子タバコこそべイプなのです。

 

電子タバコランキング

>>安全性に配慮した日本製電子タバコ特集はコチラから<<


トップへ戻る