電子タバコの煙量はアトマイザーで好みに合わせて調節できる

アトマイザーで変化する煙量

アトマイザーで好みに合わせて調節できる電子タバコの煙量

電子タバコ,安全,危険

電子タバコは煙量の調節ができます。
アトマイザーと呼ばれる紙タバコで言うところのフィルター一つで、煙量が大きく変化します。

 

たくさん煙が欲しいときは煙量の多いアトマイザーを、そんなに煙は必要ないという事であれば、煙量の少ない用のアトマイザーでコントロールすることが出来ます。

 

しかしアトマイザーは煙量コントロールの装置ではありません。
リキッドから発煙させる際のフレーバーをより滑らかにさせ、より美味しく感じるようにさせる道具です。

 

価格も安いものから高いものまで、非常に豊富にあります。

 

特におススメなのが、煙量が多いタイプのアトマイザーです。
Asrire Nautilusというシリーズと、カンガ―テックエアロタンクと呼ばれるアトマイザーです。

 

アトマイザーを良いものにすることでさらに美味しくなる

電子タバコ,安全,危険

電子タバコの命はまさにこのアトマイザーなのだという事が納得できるアトマイザーです。

 

これらAsrire Nautilusのシリーズは販売単価が1つ500円程度であるのに対して、カンガ―テックエアロタンクの方は2000円台と少々高額です。

 

この2つのアトマイザーは電子タバコとは思えないくらいの煙量と、繊細な味を楽しむことが出来ます。
やはりべイプは禁煙タバコとは違いますし、電子タバコの中でも別格な電子タバコです。

 

よりリアルで繊細な味を追求して居ます。
そのため販売価格は高めになってしまうのです。

 

高品質な嗜好品を求めていくのであれば、アトマイザーは多少良いものにした方が、より上質な味を楽しめます。

 

電子タバコランキング

>>安全性に配慮した日本製電子タバコ特集はコチラから<<


トップへ戻る